男もすなる投資というものをアラサーもしてみんとてするなり

アラサーOLがさまざまな投資で、本当に人生を豊かに出来るのか検証するブログ

【トレード記録】8/17(水)ユーロ円 相場観&トレード記録

こんにちわ。アラサーOLバズみ(@bazumi_okane)です。

昨日はたまたま時間があったので、ユーロ円のチャートをずっと観察していました。その際に、上昇トレンドから下降トレンドに変わった瞬間と自分のトレード記録をまとめてみました。

f:id:tasomi-financal:20170818103611j:plain

 

8月16日(水)エントリーf:id:tasomi-financal:20170818103618j:plain

8月11日(金)~8月16日(水)までのユーロ円の相場は、高値・安値ともに切り上がっていっていたのを確認していたので「上昇トレンド」だと認識し、買いでエントリーしました。

トレード詳細
通貨ペア

 ユーロ円

何分足  15分足
買い・売り  買い
ロット  0.01
取引通貨量  1000

 

エントリー価格:129.912

※その時の損切り等の、記録を取っているのを忘れました(泣)すみません。

 

 買いエントリーで相場を見守っていると…

f:id:tasomi-financal:20170818103621j:plain

買いエントリーで見守っていたのですが、だんだん雲行きが怪しくないっていくのを感じました。なぜなら、テクニカル分析で有名な「一目均衡表 」でチャートを見た場合、雲にローソク足が潜ってしまったからです。

 

一目均衡線とは

一目均衡表は時間軸を未来・過去へずらした三次元チャート 一目均衡表は、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標です。 外国人FXトレーダーにも「東洋の神秘」として注目され、今では「ローソク足チャート」とともに日本で生まれ、世界的に有名になった定番指標として知られています。

 

【実際参考にしたブログ】

見方がわからない際に、こちらのブログ記事で大変勉強になったので載せておきます!

www.fxtrade-lab.com

 

一度は雲を抜け、レンジのようなジリジリとした具合で少しずつ上がっていましたが、今まで溜まっていたパワーを放出したかのように、一気に急上昇を見せる大きな「陽線」を見せました。

 

しかし、一気に旧下落!

f:id:tasomi-financal:20170818103626j:plain

しかし、次のローソク足で一気に急下洛を見せます。その急下洛で、雲を一瞬ですが突き抜けているのが見えます。

 

急落下の原因

この急下洛の原因は、ヨーロッパの一部報道によって「ドラギECB総裁はジャクソンホールで新たな施策示さず」と報道されたことにより、日本時間の8/16(水)17:00頃にローソク足が大きな「陰線」を描きました。それにより、一気に下降が加速。その時点で、もしかしたら「上昇トレンド」が終わるかもしれない…と思って眺めている私(´・ω・`)

 

サポートラインが切れる

f:id:tasomi-financal:20170818103629j:plain

そして、ジリジリと下降を始めていきます。しかし、小さな上昇と下降を繰り返しながら揉み合います。しかし、サポートラインをついに、ローソク足が切る場面が!!!

 

f:id:tasomi-financal:20170818103633j:plain

今まで溜まっていた力が一気に放出されたかのように、サポートラインが切られました。すると、今までサポートラインだったのが一気にレジスタンスラインへ(´・ω・`)5の部分を確認し、それ以上、上がらないという見解をつけたので、実際は損切り。しかし、私はそれだけでは諦めがつかなかったのと、下降トレンドになりうる様々な要因を自分なりに解釈していたので、諦めず2倍で売りを入れました!いわゆる、両建てです。

両建てとは?

両建てとは、最初に持ったポジションの2倍を逆のポジションに入れます。そうすることで、損益が計算され、資金効率は悪いものの勝てる仕組みになっています。しかし、メリットは勝率は上がりますが、資金効率は遥かに悪いものとなります。また、どこかで折り合いをつけないと、強制ロスカットを食らう可能性もあるトレード方法です。

 

【参考にしたブログ】

fx-works.jp

 結果

f:id:tasomi-financal:20170818122057j:plain

このように売りを2倍入れることで、最終的にはマイナスにならず、微量のプラスで終わらせることが出来ました。しかし、資金効率面でいったらはるかに悪い+利益が出る保証がない・時間がかかるというデメリットがあるので、最終奥義といった具合でしょうか。結果、+38.3Pipsゲット。

 

f:id:tasomi-financal:20170818122531j:plain

その後も引き続き「下降トレンド」だったので、売りで入りました。結果3勝。合計で、81.77Pipsゲットして終われました。また、昨日ありましたバルセロナでのテロにて、死傷者が100人以上でたことから、リスク回避の円買いが行われていたので、現在ユーロ円だとユーロが売られている結果となっています。テクニカル分析の面でも、ファンダメンタルズ分析の面でも、両方の要因で「下降トレンド」が続いているみたいです。

 

反省点

今回のトレードは、多くのことを学べるトレードだと思います。やはり、レジスタンスラインとサポートラインの関係性は重要だと認識。サポートラインが切られたあと、その線がレジスタンスラインになる強さを、肌で実感できたことは、とてもよかった点だと思います。そして、やはり夕方から欧州勢が加わってくると、ローソク足の動きは活発だなと思います。日本時間の朝から夕方のトレードはじりじり、夕方から動きが見え始める、夜は活発といった雰囲気です。やはり、夜に重点的にトレードをしたほうがよいのかしら…?\(^o^)/色々なテクニカル分析を使って、最近では慎重にエントリーするようにしていますが、資金効率が悪いので、どんどんアップデートしていかないとと思ったアラサーでした。また来週から、トレードをがんばります!皆様にも爆益あれ☆

 

ぽちっとしていただけると、泣いて喜びます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 OL日記ブログへ にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ